通信短大日記

2016秋。自由が丘産能短期大学に入学しました。2年で卒業できれば御の字。

私の仕事

なんだか早死にしそうな今日この頃です。

 

毎日夜勤なのですが、朝から出動しているというね。

24時間どころの勤務時間ではないよなあ。

 

前施設長の定年退職に伴い、施設長にズルズルとスライドされてしまった罰ゲーム中の私です。

 

前施設長が定年退職するのは半年以上も前からわかっていたのに、人員補充してくれない。

パートも足りない。

シフトを組んでもコマが足りないので、どう組み合わせても組めるわけがない。

 

法学概論で斉藤先生がおっしゃっていましたが、「介護職のひとはいい人過ぎる」

その通りです。

介護職をやろうなんて人は、自分が犠牲になってでもなんとかしようとする人がほとんどなので、そこに付け込んでいる今のこの世の中は間違っている。

介護業界はもう限界。

 

基本的人権や労働者の権利なんてまるで無視だ。

 

うちの会社の場合、ほとんどが素人である。

 

経営の素人。

介護の素人。

医療知識の素人。

老人の素人。

病気の素人。

施設生活の素人。

社会人の素人。

 

素人の塊なのに、ちょっと軌道にのり、年数経過し経験ができると、それが正しかったからうまくいったんだ。だからこのままでいいんだ。と思考停止している。

 

民間企業の参入は悪いことではないけれど、営利重視で老人や職員は商品でしかない。

利益を生み出さないならば価値はない。

 

どこの会社や企業でもこういった問題はあると思うが、介護業界、特にうちの会社には大問題がある。

甘い汁を吸っているのはほんの一部なので、末端の職員や利用者はないがしろにされている。

利用者に接している職員のホスピタリティで成り立っているのに、そこを適切に評価できる人がいない。

安い時給でパートをやってくれる人は、他に就職口のない人か高齢者、扶養内で働きたい主婦くらいである。

そういう人々に会社が求めるハードルが高すぎて、結局は続かなくなってしまう。

技術はともかく、その日出勤できる人がいなければどうにもならないのだから、数でカバーするしかないのに。

その数を増やせない。

 

うちの今回の問題は、パートが2人やめたからだ。

以前の施設長は週に2~3日出勤するような人を認めず、月に16~20日出る人を使っていた。そういう人もいてほしいが、その人たちだけで回していたので、当然彼らが辞めれば全く機能しない。

彼らが辞めた原因は、彼らのフロアの利用者のADLが悪化し、手間が一気に増えたことである。

グループホームのように少人数だと、楽な時は非常に穏やかに毎日仕事ができるのだが、入院や骨折、通院などがを経て、車いす生活や食事介助など、介護的負担が以前に比べると多くなる。

仕事としては普通のことだが、これが受け入れられない職員が多い。

長いスパンで、一人の人間の生活のお手伝いである仕事という認識がない。

手間がかかろうがかからなかろうが、介護の仕事には変わりない。

 

しかし大変なのは確かなので、大変さを克服するには続けるかやめるかの2択になっている。

特にお金にあまり困っていない主婦は、とりあえずやめて、またほかの職場へと移っているのだろう。

この点では、年老いたパートの方が「もう受け入れてくれるところがない」という危機感でしがみついてくれる。が、健康上の問題で、いつダメになってしまうかがわからない。実際に入院などで突然退職している。

 

 

上手くいっていたときは楽で良かったけれど、深刻な人材不足に陥ると、他の人が犠牲になるしかない。

とはいえ、一職員に負担を強いるのは厳しいので、結局は現施設長である私が何とかする羽目になる。

 

正月休みもない。

年休も消化できず、買い上げてももらえず捨てるしかない。

とりあえず、規定のシフトが組めるくらいの入職者が入るまでの我慢とはいうけれど、見通しが全く立たない。

上司には逆切れされるし。

 

見通しが立たない以上、いつまで我慢すればいいのか、職員に説明もできない。

 

派遣を入れてくれと懇願しても渋っているし、挙句に事業所の利益下がるけどいいね?と脅してくるし。

ならば収支決算すべてやるから求人やら他の決裁権限よこせと言いたい。

お金の流れがかなり不透明だと不信感満載。

 

あとちょっとあがいてみて、どうにもならなければ私もやめる。

今の私の使命は、今いる職員たちを守ること。

このまま潰されるなんて御免だよ。

 

どなたか、うちの事業所で働きませんか?

 

 

 

 

今週末はSC

今週末は待ちに待った梁井先生の環境論なのに。

 

たぶん欠席すると思う。

 

 

環境論。

とっても興味ある分野で楽しそうで、これはスクーリング受けねば!と入学当初から楽しみにしていた科目なのに。

先輩方のブログで吟味して、梁井先生にしようと決めた年に2回のチャンスなのに。

 

年末からの職場のバタバタで、どうにもこうにもひょっとしたら卒業さえ危うくなるかもしれないほどの忙殺の危機で。

2月のカモシューは死守するけど、もちろんその日も仕事で。

 

学業どころではない状態です。

 

あーあ。せっかくの梁井先生の環境論。

まだ欠席届は出していないけど、直前まで悩んでおこう。

キット欠席。多分欠席。

がっかりだよ。

 

環境論自体のSCはわりと行われているので、卒業までに仕事が落ち着いたら受けることにして、カモシューへとシフトします。

 

いやあ、スクーリングを先行して取っておいてよかったぁ。

いつどうなるかわからないから、ちょっとでも行けそうなら、スクーリングを多めにとっておくことをお勧めします。

SC 異文化コミュニケーション 結果

先月うけた「異文化コミュニケーション」の結果が届いた。

 

Aだった!

 

これでスクーリングの卒業単位は充足しました!

 

残りはあと15単位。

 

4単位科目が3つも残っているから、最低4科目テストで合格すれば卒業単位が充足できるな。

 

2月の試験は3つ申し込んだ。

 

介護における人間理解

サービスマインドの基本

行動科学

 

全部受かれば10単位。4月に残りを受験できれば卒業確定できるかも!

 

残りは5つ。

 

環境論

社会学

産能大とマネジメント

高齢者の福祉

現代の経営学

 

社会学以外はレポートを出していないから、まずはそこからやらなくちゃ。

ゴールが見えると嬉しい反面、ちょっと寂しい。

 

 

合格!

 

あけましておめでとうございます。

少し遅い正月休みも取り終え、今日からまたお仕事です。

 

東京商工会議所から封筒が届きました。

12月に受けた福祉住環境コーディネーター2級の合格通知でした。

 

いやあ、よかった。

無事受かってた。

 

何しろ使用した公式テキストはブックオフで買った昔のやつだし、これまた中古で買った過去問は70点ギリギリしかできなかったしで不安だらけだったけど。

 

まあ合格してよかった。

 

f:id:vitamin-castella:20180113222517j:plain

カードが届いた!



アベノミクスによろしく

さくさくとすぐに読める。

 

こわいよー 

 

閉塞感漂う今日この頃。

 

わかりやすく、こわいよー

やだよー

えらいっぽいひとはかしこくないかもしれないね

 

SC 異文化コミュニケーション

久しぶりのスクーリングでした。

 

異文化コミュニケーションということで、あまり何もせずに受講。

コミュニケーションの授業なのでGWはしっかりあります。

講師は持田節子先生。

ドイツに30年以上暮らしていたそうです。

非常にドイツっぽい質実剛健なお人柄。とっても熱心で一生懸命に授業されるので、最初は静かだった生徒側も活発になり、教室の雰囲気が変わっていったのが印象的でした。

 

私は個人的にドイツに思い入れがありました。

昔私がまだ若かりし頃に子安美智子先生や小塩節先生などの著書を愛読し、ドイツに思いを馳せておりました。そんなことも、ここ最近生活に追われてすっかり忘れ去っていたのですが。

 

持田先生のお話を聞いて、何かが呼び覚まされた気がします。

 

授業は、1日目は半分以上講義、講義で寝不足が祟りました。

グループワークは基本テキストに沿って行われました。

授業内容は特別なことはないのですが、その分、深く、深く。深―く考えることが必要です。

表面をつるっ!とさらう分には何の問題もありません。むしろ簡単です。

日ごろ染みついた思考の癖を取るのは大変です。

 

「自分はやわらかい」と思っていましたが、ちょっと違ってたのかもと気づきました。

 

こういった気づきがたくさんあった素敵なSCでした。

 

 

あと、持田先生は「こんなスケジュールはありえない!」「やっちゃいけないことだ」とこの産能のスクーリングの時間についてお怒りになっていました。

私もそう思います。

 

たった2日間で何を教えられるというのか。

日を置いて消化してからテストを行うべきという考えも賛成です。

 

私のように頭の回転が遅い人はなおさらそう思います。

 

たった2日、されど2日。

限られた時間で限られた授業ですが、きっかけとして自分のこれからの人生に役立てたいと思いました。

 

これでスクーリングの単位はコンプリートです。

あとは卒業に向けて単位取るだけ!

がんばれ!私!

 

12月カモシュー結果

やっとネットに結果が上がった。

 

福祉住環境考え方  A

健康と生きがい   A

家族地域社会余暇  B

高齢者の雇用問題  S

健康とスポーツ   B

 

結果すべて合格!

 

はじめて5科目フルで受けたけれど、なんだ結構いけるもんだと思った。

手がガクガクになるほど書けなかった。しかも何書いてるんだか途中でわからなくなるドツボ。

とりあえず10単位ゲットできたのでとっても楽になった。

 

上手く行けばあと2回の試験で卒業確定しそうだ。

今回は5科目なのに数時間しか対策していないという超手抜きの回でしたが、もともとこの分野での基礎知識があったからなんだろうな。

福祉住環境コーディネーター試験と同時期にかぶせることもできてよかった。

社会学経営学なんて、何をどう手を付けてよいのやらさっぱりわからなくって、未だ解決策が見つからないし。

試験受けたら F 確実だわ。

 

とりあえずよかったよかった。