通信短大日記

2016秋。自由が丘産能短期大学に入学しました。2年で卒業できれば御の字。

SC アサーション

ええっと、

 

アサーションのスクーリングは無事に受けることができました。

本当にひやひやしましたです。受けられないかもって。

なんとかことはうまく運び、2日間終了いたしました。

 

相変わらずのの滝沢節。最高!

なんなんだろうなぁ、すごい不思議な感じがします。

心理学は、いろいろ漠然としたものであったり、概念的なものであったり、だからどうした、スピリチュアルか?占いか?と見紛ううさん臭さも醸し出しかねないと思います。

この分野、一歩間違うとオカルトだよなと思いながら、学問として成り立っているすごさを無学な私は思うのです。

 

オカルト大好きなのでいいんですけど。

 

2日間のスクーリングになって、楽になったような、きつくなったような。

1日は長いんですが、2日目に終わるのはちょっと得した気分です。

でもその分試験がすぐに控えていて、あがくこともできない。

宿題出たりなんかしたら大変。体力的にきつい。

 

今回ものすごく楽しみにしていたスクーリングなのに、バタバタしてしまい、夜中が過ぎてから課題に取り掛かったというね。

もうやっつけだったのがちょいと残念。

 

授業は面白かったし、為になるしだけど、最終試験は前回も苦しかった覚えがあるわと。

問題用紙をみて 

 

 

「・・・・・・・・わからん」

 

となってしまったのですよ。いかんねこれは。

 

2日やそこらのスク―リングに出たからってできるようになるものじゃないのがアサーションだ。

 

結果はあんまり期待できないけど、とりあえずお疲れさまでした。